東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 地球惑星システム講座WEBサイト for ENGLISH
トップ 講座紹介 メンバー セミナー 進学ガイダンス 連絡先・地図 リンク 内部向け情報
Earth and Planetary System Science Group,Department of Earth and Planetary Science,Graduate School of Science,The University of Tokyo
ページタイトル

地球惑星システム科学セミナー

日 時 毎月第4月曜日 16:30-18:00
場 所 理学部1号館C棟336号室
主催教員 永原 裕子,多田 隆治,茅根 創,近藤 豊,阿部 豊,高橋 聡,生駒 大洋,河原創
連絡先 生駒 大洋 (ikoma(@eps.s.u-tokyo.ac.jp)),高橋 聡 (stakahashi(@eps.s.u-tokyo.ac.jp))
内 容
地球惑星システム科学が扱う対象は,地球表層系から固体地球系,磁気圏,惑星系まで様々で, その空間・時間スケールや手法も様々です.それらの間の相互作用やシステムの安定性や変動メカニズムを,様々な 規模と時間・空間スケールでとらえ,様々な手法を有機的に組み合わせたアプローチをとることによって解明するこ とが我々が目指しているところです.本セミナーは,地球惑星システム科学講座全体をカバーする唯一のセミナーと して,本大講座が扱う幅広い対象を広く理解し,相互に活発に意見を交換しあうためのものです.地球惑星システム 講座所属の大学院生は原則的に全員参加することが求められています.

本セミナーは地球惑星システム科学講座所属教員,ポスドク研究員,大学院生のほか,国内外の第一線の研究者を 外部から招いて,地球惑星システム科学に関わる最新のトピックを紹介してもらいます.講座全体の教育セミナー としての役割も担い,D3院生の博士論文中間発表会(夏)およびM2院生の修士論文中間発表会(秋)もおこなっています.

これまでの本セミナーにおける発表者と題目は以下の通りです.

第133回 2013年2月19日 James Kasting(Pennsylvania State University)"The search for life on planets around other stars"(要旨
第132回 2013年2月18日 黒田潤一郎(JAMSTEC) 地球内部ダイナミクスと地球表層環境とのかかわり~温室地球時代の古環境記録から見えたもの~(要旨
第131回 2012年12月17日 臼井寛裕(東工大地惑) 火星の水の起源:火星隕石中のカンラン石メルト包有物の地球化学的研究からの制約(要旨
第130回 2012年11月26日 馬場淳一(東工大) 銀河古気候学の可能性:銀河円盤ダイナミクスと地球古気候(要旨
第129回 2012年10月22日 松井仁志(システム講座) 大気エアロゾルの数値シミュレーション:気候影響評価の高制度化に向けて(要旨
第128回 2012年9月24日 修士中間発表会(要旨
第127回 2012年7月23日 博士中間発表会(要旨
第126回 2012年7月2日 中川毅(ニューカッスル大) グリーンランドと日本を100年の精度で対比すると何が見えるか(要旨
第125回 2012年6月4日 生駒大洋(システム講座) 系外惑星研究のこれまでと今後(要旨
第124回 2012年4月23日 中村尚(東大先端研) 中緯度・亜熱帯の海洋が気候系の形成と変動に及ぼす影響(要旨
第123回 2012年2月27日 小端 拓郎(極地研究所) 過去1000年に見られる太陽活動によって引き起こされたグリーンランド気温変動の北半球傾向からのずれ(要旨
第122回 2011年12月19日 佐々木 貴教(東工大・地球惑星科学) 巨大ガス惑星周りの衛星系形成(要旨
第121回 2011年11月30日 大竹 翼(産業技術総合研究所) 生命の起源および進化に関する研究における海洋堆積物の続成/変成作用の重要性(要旨
第120回 2011年10月31日 システム修士論文中間発表会第二回(プログラム
第119回 2011年10月3日 システム修士論文中間発表会第一回(プログラム
第118回 2011年9月20日 大谷 栄治(東北大・地学) 地球核の構造・形成・進化(要旨
第117回 2011年7月25日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第116回 2011年6月27日 中川 貴司(海洋研究開発機構) コアーマントル境界熱流量:地球内部熱化学進化システムモデルの構築へ向けて(要旨
第115回 2011年5月30日 近藤 豊(地球惑星システム科学講座) エアロゾル・雲・降水システムの統合的研究〜新たな研究へのパラダイムシフト〜(要旨
第114回 2011年4月25日 高橋 聡(地球惑星システム科学講座) 深海の地層から読み取る2億5千万年前の海洋の記録(要旨
第113回 2011年2月28日 丸岡 照幸(筑波大・生命環境科学研究科) 硫黄同位体で読み解く古環境変動(要旨
第112回 2010年12月20日 玄田 英典(GCOE地球たちへ) 天体衝突と惑星形成にまつわるエトセトラ(要旨
第111回 2010年11月22日 橘 省吾(地球惑星システム科学講座) はやぶさ2:始原天体サンプルリターンで明らかにする初期太陽系での鉱物 - 水 - 有機物相互作用(要旨
第110回 2010年10月25日 Colin Stark(Columbia Univ.) Landslide Force History inversion: Measuring the dynamics of catastrophic landslides using seismology and satellite remote-sensing(要旨
第109回 2010年10月4日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第108回 2010年7月12日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第107回 2010年6月28日 David Selby(Durham Univ.) Successes, Systematics, possible limitations, and unknowns: Insights into the world of Re-Os isotope petroleum geoscience(要旨
第106回 2010年6月7日 小宮 剛(総合文化研究科) 連続掘削試料の多元素・多同位体解析による後期原生代からカンブリア紀の環境解読と生命進化(要旨
第105回 2010年4月26日 田近 英一(地球惑星システム科学講座) スノーボールアースからスノーボールプラネットへ(要旨
第104回 2010年3月16日 Henning Dypvik(Dept. of Geosciences, Univ. Oslo) バレンツ海の海底掘削からさぐるジュラ紀ー白亜紀境界のミョルナークレーター(要旨
第103回 2010年2月22日 大竹 真紀子(宇宙航空研究開発機構) 月周回衛星かぐやで得られた分光データから推定する月高地地殻の組成(要旨
第102回 2009年12月21日 横山 祐典(海洋研究所) ターミネーションの気候変動復元(要旨
第101回 2009年11月30日 後藤 和久(東北大・災害制御研究センター) 沿岸巨礫群:堆積学のラストフロンティアから切り開く新たな波浪災害研究(要旨
第100回 2009年10月26日 望月優子(理化学研究所) 南極氷床コアからさぐる超新星の痕跡と太陽活動周期(要旨
第99回 2009年10月5日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第98回 2009年7月27日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第97回 2009年6月29日 生駒 大洋(東工大 地球惑星科学) 惑星の内部構造と起源:木星,hot-Jupiters, super-Earths(要旨
第96回 2009年05月25日 竹内 望(千葉大 地球科学) 氷上の微生物複合体,クリオコナイトとはなにか?(要旨
第95回 2009年4月27日 多田 隆治(地球惑星システム科学講座) アジアモンスーンの進化、変動、ヒマラヤーチベット隆起とのリンケージ(要旨
第94回 2009年02月23日 熊谷 一郎(北大工/パリ地球物理学研究所) マントルプルームからのメッセージ:届くのか届かないのか?(要旨
第93回 2008年12月22日 宮原 ひろ子(宇宙線研究所) 宇宙線起源核種14C, 10Beの高精度測定による過去の太陽活動と宇宙線変動(要旨
第92回 2008年12月02日 菅沼 悠介(海洋研究所) 古地磁気記録から探る地球システム・古環境変動研究への新たなアプローチ(要旨
第91回 2008年10月27日 佐藤 文衛(東京工業大学 グローバルエッジ研究院) 系外惑星の中心星依存性(要旨
第90回 2008年9月29日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第89回 2008年7月22日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第88回 2008年6月23日 大河内 直彦(海洋研究開発機構) アミノ酸の窒素・炭素同位体測定法の開発とその応用(要旨
第87回 2008年5月13日 関根 康人(新領域創成科学研究科) レーザー銃を用いた超高速衝突実験と発生気体の化学分析 -K/T衝突事件を例として-(要旨
第86回 2008年4月21日 橘 省吾(地球惑星システム科学講座) 太古代から原生代初期にかけての地球表層システム変動(要旨
第85回 2008年2月29日 茅根 創(地球惑星システム科学講座) サンゴ礁と地球規模変動(要旨
第84回 2007年12月17日 Bernhard Peucker-Ehrenbrink(Woods Hole Oceanographic Institution) Platinum group element anomalies at the termination of Cryogenian glaciations(要旨
第83回 2007年12月11日 倉本 圭(北海道大・宇宙理学専攻) ダスト落下問題と太陽系の起源(要旨
第82回 2007年10月22日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第81回 2007年7月20日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第80回 2007年6月25日 石川 徹(空間情報研究センター) 地球科学と空間的思考(要旨
第79回 2007年6月18日 泊 次郎(元朝日新聞科学部長) 日本におけるプレートテクトニクスの受容(要旨
第78回 2007年5月28日 システム博士2年生発表会(プログラム
第77回 2007年4月23日 阿部 豊(東大地球惑星システム科学) 地球型惑星の形成と初期進化の課題(要旨
第76回 2007年3月5日 松本 淳(首都大学東京・都市環境科学/東大地球惑星システム科学) アジアモンスーンの気候学-GAMEそしてMAHASRI-(要旨
第75回 2007年2月16日 Thomas Stocker (Physics Inst., Bern Univ.) The bipolar seesaw in the NCAR CCSM3 model: Influence of the parameterization of mixing processes(要旨
第74回 2007年1月22日 玄田 英典(東工大・地球惑星科学) 惑星形成論から見た地球型惑星の大気と海の起源について(要旨
第73回 2006年12月25日 米田 穣(東大・新領域創成科学研究科) 後氷期における人類の適応:先史人類学からみた縄文時代(要旨
第72回 2006年11月27日 菅沼 悠介(東大・多圏地球COE) 太古代地球のダイナミクスを古地磁気記録から探る:ABDP#1掘削の結果と今後の展望(要旨
第71回 2006年10月23日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第70回 2006年9月19日 川村 隆一(富山大・地球環境システム学系) 南米大陸の標高改変がもたらすモンスーン及び南大西洋収束帯の変化(要旨
第69回 2006年6月26日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第68回 2006年5月29日 システム博士2年生発表会(プログラム
第67回 2006年4月24日 Vishwas Kale (Department of Geography, University of Pune) The palaeoflood record of monsoonal rivers: central and western India(要旨
第66回 2006年2月27日 Andy Ridgwell (Department of Earth and Ocean Sciences, University of British Columbia, Vancouver) 'Back to the Future' -Addressing the causes and consequences of geologic catastrophic CO2 release with an Earth system climate model(要旨
第65回 2006年2月23日 安成 哲三(名古屋大・地球水循環研究センター/東大地球惑星科学専攻) アジアモンスーン研究における現代的諸課題ー日変化から氷期の問題までー(要旨
第64回 2005年12月26日 中本 泰史(筑波大・計算科学研究センター) 衝撃波による原始太陽系星雲内ダスト粒子の加熱:コンドリュール形成とシリケイトダスト結晶化(要旨
第63回 2005年11月28日 Youbin Sun (地球惑星システム科学講座) Loess deposits in north China: Implications for East Asian paleomonsoon evolution and Asian inland aridity(要旨) 関連文献(1), (2)
第62回 2005年10月24日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第61回 2005年9月26日 William B. Moore (Dept. of Earth and Space Sciences, UCLA) Tidal-Convective Equilibrium and the Thickness of Europa's Ice Shell(要旨
第60回 2005年7月25日 1. David Hilton (Scripps Institution of Oceanography, UCSD) Noble gases, nitrogen and carbon in arc volcanoes: the case of Central America
2. Alison Shaw (Carnegie Institution of Washington) Volatile contents and hydrogen isotope variations of Mariana Arc melt inclusions
3. Tobias Fischer (University of New Mexico) The July 2005 eruption of Oldoinyo Lengai, Tanzania: an expedition to the world's only active Carbonatite Volcano(要旨
第59回 2005年6月27日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第58回 2005年5月16日 Thad Wasklewicz (University of Memphis) Topographic Signatures of Alluvial Fans from Death Valley, California, USA(要旨
第57回 2005年4月25日 システム博士2年生発表会(プログラム
第56回 2005年2月21日 カート・ランベック教授記念シンポジウム
第55回 2005年1月24日 森 俊哉 (地殻化学実験施設) 小型紫外分光計による火山ガスSO2放出量観測の紹介(要旨
第54回 2004年12月20日 小口 高 (空間情報科学研究センター) シリアの考古遺跡周辺における地形・表層地質調査(要旨
第53回 2004年10月25日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第52回 2004年09月27日 中川 貴司 (東大・多圏地球COE) コアーマントル結合系における地球内部の熱史(要旨
第51回 2004年07月16日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第50回 2004年06月23日 Peter Clift (Woods Hole Oceanographic Institution) Controls on Tectonic Accretion versus Erosion in Subduction Zones: Implications for the Origin and Recycling of the Continental Crust(要旨
第49回 2004年05月24日 地球惑星システム科学講座スタッフ 新刊『進化する地球惑星システム』解題(要旨
第48回 2004年05月12日 地球惑星科学関連学会2004年合同大会「惑星地球システムの安定性と不安定性」
第47回 2004年04月26日 鈴木 勝彦 (海洋研究開発機構) 海洋および河川堆積物のオスミウム - 応用いろいろ(要旨
第46回 2004年02月23日 山本 聡 (新領域創成科学研究科) 衝突クレーターのスケーリング則(要旨
第45回 2004年02月02日 佐野 有司 (海洋研究所) イオン・マイクロプローブによるジルコンとアパタイトの年代測定(要旨
第44回 2003年12月22日 井田 茂 (東工大・地球惑星科学) 系外木星型惑星の多様性と系外地球型惑星の可能性(要旨
第43回 2003年11月17日 板木 拓也 (産総研・海洋資源環境) 放散虫を用いた古環境研究の新たな試み〜中深層循環の解明に向けて〜(要旨
第42回 2003年10月27日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第41回 2003年09月22日 長尾 敬介 (地殻化学実験施設) 希ガス同位体を用いた火星隕石の研究(要旨
第40回 2003年09月02日 安成 哲三 (名古屋大・地球水循環研究センター/地球惑星システム科学講座) 「ヒマラヤ上昇に伴うアジア・太平洋域の気候変化(続編)」
第39回 2003年06月23日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第38回 2003年05月27日 地球惑星科学関連学会2003年合同大会「惑星地球システムの安定性と不安定性
第37回 2003年05月08日 安成 哲三 (名古屋大・地球水循環研究センター/地球惑星システム科学講座) 「“ヒマラヤの上昇とモンスーン気候の成立”再考−大気海洋結合モデルによる数値実験から−」
第36回 2003年04月21日 橘 省吾 (地球惑星システム科学講座) 硫黄同位体から見る原始太陽系進化・原始地球表層環境進化(要旨
第35回 2003年03月28日 Joseph L. Kirschvink (地球惑星システム科学講座) Human Magnetoreception
第34回 2003年02月24日 五十嵐 丈二 (地殻化学実験施設) 新しい観測惑星科学の展望(要旨
第33回 2002年12月24日 Joseph L. Kirschvink (地球惑星システム科学講座) A Methane Fuse for the Cambrian Explosion: Carbon Cycles and True Polar Wander (メタンが誘発したカンブリア爆発:炭素循環と真の極移動)(要旨
第32回 2002年11月18日 横山 祐典 (地球惑星システム科学講座) 最終氷期の海面変動とグローバルな氷床量変動について(要旨
第31回 2002年10月28日 中井 俊一 (地震研究所) 放射非平衡年代測定で調べる島弧火成活動のタイムスケール(要旨
第30回 2002年10月21日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第29回 2002年06月24日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第28回 2002年05月28-29日 地球惑星科学関連学会2002年合同大会「惑星地球システムの安定性と不安定性
第27回 2002年04月22日 阿部 彩子 (気候システム研究センター) 古環境研究に挑む気候モデリング(要旨
第26回 2002年02月25日 兼岡 一郎 (地震研究所) 地球深部の揮発性元素とキンバーライト(要旨
第25回 2002年01月28日 Andrew Dickson (Scripps Institution of Technology) Tracking the oceans' role in the uptake of anthropogenic carbon dioxide (人為起源CO2取り込みにおける海洋の役割を追う)(要旨
第24回 2001年12月21日 Joseph L. Kirschvink (地球惑星システム科学講座) Mars, Panspermia, and the Origin of Life: Where did it all begin? (火星,パンスペルミア説と生命の起源)(要旨
第23回 2001年11月26日 小久保 英一郎 (国立天文台) 地球と月の起源−星くずからの誕生−(要旨
第22回 2001年10月15日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第21回 2001年09月21日 小河 正基 (総合文化研究科) プレート運動と初期地球進化(要旨
第20回 2001年06月25日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第19回 2001年06月08日 地球惑星科学関連学会2001年合同大会「惑星地球システムの安定性と不安定性
第18回 2001年05月28日 大谷 竜 (産業技術総合研究所) GPS 気象学(要旨
第17回 2001年04月23日 阿部 理 (名古屋大・環境学) 海洋表層変動の天然データロガーとしての石サンゴ(要旨
第16回 2001年02月26日 柳沢 孝寿 (地球惑星科学専攻・PD) 磁場で見る火山の浅部構造とマグマ活動(要旨
第15回 2001年01月22日 橘 省吾 (地球惑星科学専攻・PD) 地球惑星物質の蒸発・凝縮カイネティクス,原始太陽系化学進化(要旨
第14回 2000年12月25日 古屋 正人 (地震研) 地球システムの力学−波数1の各運動量収支から波数40(以上)の質量収支へ−(要旨
第13回 2000年11月27日 松田 佳久 (地球惑星科学専攻) 惑星大気大循環の比較論(要旨
第12回 2000年10月23日 はしもと じょーじ (気候システムセンター) 金星気候システムにおける大気・地殻の化学相互作用
第11回 2000年10月13日 システム修士論文中間発表会(プログラム
第10回 2000年09月01日 Nicholas Shackleton (Univ. Cambridge) Climatic Variability Linking the Records form Deep Sea Sediments and from Ice Core(要旨
第09回 2000年08月28日 システム博士論文中間発表会(プログラム
第08回 2000年07月03日 Maung Maung Aye (Dagon University) The Palaeogeographical Evolution of Myanmar
第07回 2000年05月22日 多田 隆治 (地球惑星システム科学講座)
第06回 2000年04月24日 栗田 敬 (地球惑星システム科学講座)
第05回 2000年03月27日 田近 英一 (地球惑星システム科学講座)
第04回 2000年02月21日 松本 淳 (地球惑星システム科学講座)
第03回 2000年01月17日 阿部 豊 (地球惑星システム科学講座)
第02回 1999年12月13日 永原 裕子 (地球惑星システム科学講座)
第01回 1999年11月08日 浜野 洋三 (地球惑星システム科学講座)
茅根 創 (地球惑星システム科学講座)

→ セミナートップに戻る