日本語/English もどる

国際学会

  1. Kokubo, E. and Genda,H., The Final Stage of Terrestrial Planet Formation, The First Kepler Science Conference, Moffett Field, California, 2011.

  2. Genda, H., Kimura, R., Abe, Y., Uji, K. and Tajika, E., Carbon Cycle and Long-Term Evolution of Climate for a Globally Ocean-Covered Planet, Extreme Solar System II, Moran, Wyoming, September, 2011.

  3. Takao, Y., Genda, H., Kodama, T. and Abe, Y., Habitable Zone of Land Planets; 1-D EBM with t Transportation of Surface Liquid Water, Extreme Solar System II, Moran, Wyoming, September, 2011.

  4. Kodama, T., Genda, H., Abe, Y. and Zahnle, K., Inner Edge of Habitable Zone; Evolution from Aqua Planets to Land Planets by Water Loss, Extreme Solar System II, Moran, Wyoming, September, 2011.

  5. Kodama, T., Genda, H., Abe, Y. and Zahnle, K., Evolution from Ocean Planet to Land Planet by Water Loss; The Inner Edge of Habitable Zone, Lunar and Planetary Science XXXXII, Houston, Texas, March, 2011.

  6. Genda, H., Kokubo, E. and Ida, S., Giant Impacts and Terrestrial Planet Formation, Lunar and Planetary Science XXXXII, Houston, Texas, March, 2011.

  7. Nakajima, M., Genda, H., Asphaug, E. I. and Ida, S., A Satellite Formation Due to A Giant Impact: The Effect of the Protoplanet Mass and Its Composition on the Disk Gas Fraction, American Geophysical Union fall meeting, San Francisco, USA, December, 2010.

  8. Sekine, Y., Genda, H., Sugita, S., Kadono, T. and Matsui, T., Atmospheric replacement and late formation of N2 on undifferentiated Titan during the Late Heavy Bombardment, American Geophysical Union fall meeting, San Francisco, USA, December, 2010.

  9. Nakajima, M., Genda, H., Ida, S. and Asphaug, E., Effects of equation of state on an impact-generated circumterrestrial disk, An Ishigaki International Conference on Evolving Theory for Planet Formation, Ishigaki Island, Okinawa, Japan, June, 2010.

  10. Genda, H., Kokubo, E. and Ida, S., Hybrid Code for Planet Formation, An Ishigaki International Conference on Evolving Theory for Planet Formation, Ishigaki Island, Okinawa, Japan, June, 2010.

  11. Sekine, Y. and Genda, H., Giant impacts in Saturnian System: Origin of variety in the mid-sized satellites, Asia Oceania Geosciences Society 2010, Hyderabad, India, July, 2010. (Invited talk)

  12. Hidenori Genda, Kokubo, E. and Ida, S., Giant impacts and terrestrial planet formation, Japan Geoscience Union Meeting 2010, Makuhari, Chiba, Japan, May, 2010.

  13. Fukuzaki, S., Sekine, Y., Sugita, S., Genda, H., Kadono, T. and Matsui, T., Has Titan's Atmospheric N2 been replenished from Crustal NH3 Through Cometary Impacts?, Lunar and Planetary Science XXXXI, Houston, Texas, March, 2010.

  14. Nakajima, M., Genda, H. and Ida, S., A numerical study on collisions of icy bodies using SPH method combined with GRAPE, An Ishigaki International Conference on Evolving Theory for Planet Formation, American Geophysical Union fall meeting, San Francisco, USA, December, 2009.

  15. Hidenori Genda, Formation of heavy-element rich giant planets, Dynamics of Discs and Planets, Isaac Newton Institute, Cambridge, UK, August, 2009.

  16. Hidenori Genda, Kokubo, E. and Ida, S., Giant impacts and terrestrial planet formation, The 2nd Subaru International Conference, Keauhou, Hawaii, USA, March, 2009.

  17. Nakajima, M., Hidenori Genda and Ida, S., A Numerical Study of Collisions of Icy Bodies Using the SPH Method, The 2nd Subaru International Conference, Keauhou, Hawaii, USA, March, 2009.

  18. Hidenori Genda, Merging Criterion of Protoplanets during Terrestrial Planet Formation, Origin and Evolution of Planets 2008, Ascona, Switzerland, June, 2008.

  19. Hidenori Genda and Masahiro Ikoma, Nebular origin of water on Earth - Impact Origin of water, Origins of Water Workshop, Hawaii, February, 2008. (Invited talk)

  20. Hidenori Genda and Masahiro Ikoma, Evolution of the D/H ratio in water on the Earth: Implication for the origin of the oceans, Workshop on Planetary Atmospheres, Greenbelt, Maryland, November, 2007.

  21. Genda, H., Ikoma, M., Guillot, T. and Ida, S., Formation of heavy element rich giant planets by giant impacts, IAU Symposium, Suzhou, China, October, 2007.

  22. Genda, H., Kokubo, E. and Ida, S., Imperfect Accretion during the Giant Impact Stage of Terrestrial Planet Formation, 17th Annual VM Goldschmidt Conference, Cologne, Germany, August, 2007.

  23. Masahiro Ikoma and Hidenori Genda, On the Nebular Origin of Water on the Earth, 17th Annual VM Goldschmidt Conference, Cologne, Germany, August, 2007. (Invited talk)

  24. Nakajima, M., Ikoma, M., Genda, H. and Ida, S., Effects of hydrogen on limits of radiative emission from a planet with a saturated-water-vapor atmospehre, 17th Annual VM Goldschmidt Conference, Cologne, Germany, August, 2007.

  25. Masahiro Ikoma and Hidenori Genda, The Initial States of the Terrestrial Planets Embedded in the Solar Nebula, Workshop on Early Planetary Differentiation, Sonoma County, Calfornia, USA, December, 2006.

  26. Masahiro Ikoma and Hidenori Genda, On the nebular origin of water on terrestrial planets, XVIIIth Rencontres de Blois, Blois, France, May, 2006.

  27. Masahiro Ikoma and Hidenori Genda, Constraints on the mass of planets with water of nebular origin, Protostars and Planets V, The Big Island, Hawai'i, October, 2005.

  28. Hidenori Genda and Masahiro Ikoma, Early evolution of water D/H in a hydrogen-rich proto-atmosphere on the Earth, 37th annual meeting of the Division for Planetary Sciences of the American Astronomical Society, Cambridge, UK, September, 2005.

  29. Masahiro Ikoma and Hidenori Genda, Constraints on the mass of planets with water of nebular origin, 37th annual meeting of the Division for Planetary Sciences of the American Astronomical Society, Cambridge, UK, September, 2005.

  30. Hidenori Genda, Effects of giant impacts on the atmosphere formation of terrestrial planets, Early Earth Symposium: Discussion meeting, Makuhari, Japan, May, 2005.

  31. Hidenori Genda and Yutaka Abe, Effects of oceans on atmospheric loss during the stage of giant impacts, Lunar and Planetary Science XXXVI, Houston, Texas, March, 2005.

  32. Hidenori Genda and Yutaka Abe, Hydrodynamic escape of a proto-atmosphere just after a giant impact, Lunar and Planetary Science XXXV, Houston, Texas, March, 2004.

  33. Hidenori Genda and Yutaka Abe, Survival of a protoatmosphere through the stage of giant impacts, Lunar and Planetary Science XXXIV, Houston, Texas, March, 2003.

  34. Hidenori Genda and Yutaka Abe, Effects of giant impacts on the atmosphere formation, 12th Annual VM Goldschmidt Conference, Davos, Switzerland, August, 2002.

  35. Abe, Y., Genda, H. and Nishikawa, K., A mixed proto-atmosphere during the runaway accretion, 12th Annual VM Goldschmidt Conference, Davos, Switzerland, August, 2002.

  36. Hidenori Genda and Yutaka Abe, Hydrodynamic escape from disks formed by giant impacts, Lunar and Planetary Science XXXIII, Houston, Texas, March, 2002.


国内学会

  1. 玄田英典 (2011) 『水の取り込み』、研究プロジェクト「宇宙における生命の総合的考察とその研究戦略」2011年度第2回研究会、国際高等研究所

  2. 玄田英典 (2011) 『月形成衝突のレビューとSPH法による最新の結果』、衝突研究会、低温科学研究所 (招待講演)

  3. 藤田航、玄田英典、関根康人、杉田精司 (2011) 『土星系中型質量衛星における多様性の起源:SPH流体コードを用いた巨大衝突のシミュレーション』、衝突研究会、低温科学研究所

  4. 小玉貴則、玄田英典、阿部豊、Kevin Zahnle (2011) 『水の散逸を考慮した海惑星から陸惑星への進化によるHZ内側境界への影響』、日本惑星科学会 2011年度秋季講演会、相模女子大

  5. 高尾雄也、玄田英典、小玉貴則、阿部豊 (2011) 『陸惑星の完全蒸発限界:地表の水輸送を考慮した1次元EBMでの検討』、日本惑星科学会 2011年度秋季講演会、相模女子大

  6. 藤田航、玄田英典、関根康人、杉田精司 (2011) 『土星系中型質量衛星における多様性の起源:SPH流体コードを用いたジャイアントインパクトのシミュレーション』、日本惑星科学会 2011年度秋季講演会、相模女子大

  7. 小久保英一郎、押野翔一、堀安範、生駒大洋、立浪千尋、玄田英典、藤井友香、荻原正博、すばるIRDチーム (2011) 『すばるIRDによるサイエンス:M型星での惑星系形成』、日本天文学会 2011年秋季年会、鹿児島大学

  8. 玄田英典 (2011) 『ハビタブルプラネットの形成と進化』、第41回天文・天体物理若手夏の学校、愛知県西浦温泉 (招待講演)

  9. 高尾雄也、玄田英典、小玉貴則、阿部豊 (2011) 『陸惑星の完全蒸発限界:地表の水輸送を考慮した1次元EBMでの検討』、第44回 月・惑星シンポジウム、宇宙科学研究所

  10. 高尾雄也、木原直哉、玄田英典、小玉貴則、阿部豊 (2011) 『1次元EBMを用いた陸惑星の完全蒸発限界について』、地球惑星科学連合 2011年大会、幕張メッセ 国際会議場

  11. 小玉貴則、玄田英典、阿部豊、Kevin Zahnle (2011) 『ハビタブルゾーン内側境界における水の散逸による海惑星から陸惑星への進化』、地球惑星科学連合 2011年大会、幕張メッセ 国際会議場

  12. 脇田美幸、阿部豊、玄田英典 (2011) 『陸惑星と海惑星を分ける水量の条件: 局所的な降水を模擬した場合について』、地球惑星科学連合 2011年大会、幕張メッセ 国際会議場

  13. 濱野景子、阿部豊、玄田英典 (2011) 『水蒸気大気でのマグマオーシャン冷却タイムスケールと水の散逸』、地球惑星科学連合 2011年大会、幕張メッセ 国際会議場

  14. 細野七月、玄田英典、井田茂 (2011) 『GPUを使った、tree-Godunov-SPH法による地球型惑星の高解像度ジャイアント・インパクト・シミュレーション』、地球惑星科学連合 2011年大会、幕張メッセ 国際会議場

  15. 玄田英典 (2010) 『太陽組成大気の捕獲と水の散逸』、宇宙における生命の総合的考察とその研究戦略 第4回研究会、国際高等研究所

  16. 森薗宏太、玄田英典、阿部豊、小久保英一郎 (2010) 『格子法による3次元ジャイアントインパクトシミュレーション』、日本惑星科学会 2010年秋季講演会、名古屋大学

  17. 中島美紀、玄田英典、Erick Asphaug、井田茂 (2010) 『巨大衝突による衛星形成:原始惑星の組成が円盤の蒸発率に与える影響』、日本惑星科学会 2010年秋季講演会、名古屋大学

  18. 小玉貴則、玄田英典、阿部豊、Kevin Zahnle (2010) 『惑星のもつ初期の水の量を考慮したハビタブルゾーン内側境界の検討』、日本惑星科学会 2010年秋季講演会、名古屋大学

  19. 木村亮、阿部豊、田近英一、玄田英典 (2010) 『全球海惑星の炭素循環と気候進化』、日本惑星科学会 2010年秋季講演会、名古屋大学

  20. 小久保英一郎、玄田英典 (2010) 『衝突破片による地球型惑星の共面円軌道化』、日本天文学会 2010年秋季年会、金沢大学

  21. 関根康人、玄田英典、杉田精司、福崎翔、門野敏彦、松井孝典 (2010) 『タイタン、トリトンにおける窒素の起源と後期隕石重爆撃期の役割』、地球惑星科学連合 2010年大会、幕張メッセ 国際会議場

  22. 小久保英一郎、玄田英典 (2010) 『衝突破片による地球型惑星の円軌道化』、日本天文学会 2010年春季年会、広島大学

  23. 福崎翔、関根康人、玄田英典、杉田精司、門野敏彦、松井孝典 (2009) 『タイタン大気の窒素の起源と進化:氷地殻からの衝突脱ガスの役割』、日本惑星科学会 2009年秋季講演会、東京大学

  24. 玄田英典、小久保英一郎、井田茂 (2009) 『天体衝突を考慮した軌道計算コードの開発』、日本惑星科学会 2009年秋季講演会、東京大学

  25. 細野七月、玄田英典、井田茂 (2009) 『近似Riemann Solverを用いた非理想気体を扱えるGodunov SPH法の開発』、日本惑星科学会 2009年秋季講演会、東京大学

  26. 関根康人、玄田英典、福崎翔、杉田精司、松井孝典 (2009) 『タイタン大気の起源・進化:有機物ヘイズと衝突の役割』、第10回磁気圏研究会、東北大学

  27. 細野七月、玄田英典、井田茂 (2009) 『近似Riemann Solverを使用した、非理想気体でのSPH法』、地球惑星科学連合 2009年大会、幕張メッセ 国際会議場

  28. 中島美紀、玄田英典、井田茂 (2009) 『SPH法による氷天体の衝突計算』、地球惑星科学連合 2009年大会、幕張メッセ 国際会議場

  29. 玄田英典 (2009) 『巨大天体衝突による月の生成について』、地球惑星科学連合 2009年大会、幕張メッセ 国際会議場

  30. 玄田英典 (2008) 『太陽系の惑星形成に関するレビューと未解決問題』、第21回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム、国立天文台(三鷹)

  31. 玄田英典、小久保英一郎、井田茂 (2008) 『巨大天体衝突による水星の起源について』、日本惑星科学会 2008年秋季講演会、九州大学

  32. 玄田英典、小久保英一郎、井田茂 (2008) 『巨大天体衝突による水星の起源について』、日本天文学会 2008年春季年会、代々木国立オリンピック記念青少年総合センター

  33. 小久保英一郎、玄田英典、井田茂 (2008) 『現実的な条件合体のもとでの地球型惑星の自転』、日本天文学会 2008年春季年会、代々木国立オリンピック記念青少年総合センター

  34. 小久保英一郎、玄田英典、井田茂 (2007) 『地球型惑星の自転 -- 合体条件の効果』、日本天文学会2007年秋季年会、岐阜大学

  35. 玄田英典、小久保英一郎、井田茂 (2007) 『原始惑星の合体条件と地球型惑星形成への影響』、日本惑星科学会 2007年秋季講演会、高知大学

  36. 小久保英一郎、玄田英典、井田茂 (2007) 『原始惑星からの地球型惑星形成―不完全集積の影響―』、日本惑星科学会 2007年秋季講演会、高知大学

  37. 河合俊典、生駒大洋、玄田英典、井田茂 (2007) 『原始地球の円盤ガス起源大気:マントルNe問題の再検討』、日本惑星科学会 2007年秋季講演会、高知大学

  38. 玄田英典、小久保英一郎、井田茂 (2007) 『巨大天体衝突ステージにおける原始惑星の合体条件』、日本天文学会 2007年春季年会、東海大学

  39. 玄田英典、生駒大洋 (2006) 『水素を多く含む原始大気中での海のD/H進化』、地球惑星科学連合 2006年大会、幕張メッセ 国際会議場

  40. 生駒大洋、玄田英典 (2006) 『円盤ガスから水を獲得しうる地球型惑星の質量』、日本天文学会 2006年春季年会、和歌山大学

  41. 玄田英典、生駒大洋 (2005) 『水素に富む原始大気中での海のD/H比の進化』、日本惑星科学会 2005年秋季講演会、会津大学

  42. 玄田英典 (2004) 『太陽紫外線による惑星原始大気の流体的散逸』、日本惑星科学会 2004年秋季講演会、札幌市青少年科学館

  43. 阿部豊、生駒大洋、玄田英典 (2004) 『地球型惑星大気形成過程の再検討』、地球惑星科学関連学会 2004年合同大会、幕張メッセ 国際会議場

  44. 玄田英典、阿部豊 (2003) 『地球型惑星の大気形成における巨大天体衝突の影響』、日本惑星科学会 2003年秋季講演会、大阪市立大学 学術情報交流センター

  45. 阿部豊、玄田英典 (2003) 『太陽組成+脱ガス混合原始大気の形成と惑星大気の起源』、Astrobiology in Tokyo、東京大学 弥生講堂 一条ホール

  46. 玄田英典、阿部豊 (2003) 『巨大天体衝突による原始大気の熱的散逸』、第36回 月・惑星シンポジウム、文部省宇宙科学研究所

  47. 阿部豊、玄田英典 (2003) 『太陽組成+脱ガス混合原始大気の形成と惑星大気の起源』、第36回 月・惑星シンポジウム、文部省宇宙科学研究所

  48. 玄田英典、阿部豊 (2003) 『巨大天体衝突直後における惑星大気の熱的散逸』、地球惑星科学関連学会 2003年合同大会、幕張メッセ 国際会議場

  49. 玄田英典、阿部豊 (2002) 『巨大天体衝突によって形成されたケイ酸塩大気の熱的散逸』、日本惑星科学会 2002年秋季講演会、国立天文台水沢観測センター

  50. 玄田英典、阿部豊 (2002) 『巨大天体衝突による惑星大気の散逸』、第35回 月・惑星シンポジウム、文部省宇宙科学研究所

  51. 玄田英典、阿部豊 (2002) 『巨大天体衝突による大気散逸』、地球惑星科学関連学会 2002年合同大会、代々木国立オリンピック記念青少年総合センター

  52. 玄田英典、阿部豊 (2001) 『巨大天体衝突による大気散逸の可能性』、日本惑星科学会 2001年秋季講演会、岡山理科大学

  53. 阿部豊、玄田英典、町田亮介 (2001) 『地球月系の形成と初期状態』、地球惑星科学関連学会 2001年合同大会、代々木国立オリンピック記念青少年総合センター

  54. 玄田英典、阿部豊 (2001) 『巨大天体衝突によって形成された円盤の散逸』、地球惑星科学関連学会 2001年合同大会、代々木国立オリンピック記念青少年総合センター

  55. 玄田英典、阿部豊 (2000) 『原始月円盤からのケイ酸塩ガスの散逸』、日本惑星科学会 2000年秋季講演会、工業技術院筑波研究センター

  56. 玄田英典、阿部豊 (2000) 『原始月円盤からのケイ酸塩ガスの散逸』、第33回 月・惑星シンポジウム、文部省宇宙科学研究所

  57. 玄田英典、阿部豊 (2000) 『原始月円盤からのケイ酸塩ガスの散逸』、地球惑星科学関連学会 2000年合同大会、代々木国立オリンピック記念青少年総合センター

  58. 玄田英典、阿部豊 (1999) 『ジャイアントインパクトによって生成された円盤からの蒸気のハイドロダイナミックエスケープ』、第32回 月・惑星シンポジウム、文部省宇宙科学研究所


この他、国内研究会20回ぐらい


もどる