地球惑星環境学科計算機室 (理学部4号館-1520号室) 利用の手引き

更新日: 2016年9月21日

管理者(2016年度)

教員:茂木信宏 moteki
TA1:吉田淳 ayoshida
TA2:杉山弘一 sugiyama

メールアドレスは, @eps.s.u-tokyo.ac.jp を付け加えてください。



ユーザー資格

ユーザーアカウントを持つことができる人は、

です。卒業・退職した方のアカウントは削除されます。



計算機室使用のマナー

本計算機室は、教職員・学生のボランティアで成り立っています。そのため以下の利用規約は遵守ください。



ドメインコントローラ (DELL Optiplex 980)

環境学科のユーザーグループを定義する「EPESドメイン」の管理を行うLinuxサーバーです。

ホスト名: centos7-epes
IPアドレス: 133.11.230.85

EPESドメインに登録されたユーザーのみ、端末にログインでき、かつファイルサーバーにアクセスできます。



ファイルサーバー (DELL PowerEdge 320)

授業で使用するファイルを置くための共有フォルダと個人フォルダを持つサーバーです。

ホスト名: kankyo-server
IPアドレス: 133.11.228.31



共用プリンタ (Brother HL-L8350CDW)

計算機室内にあります。USBケーブルで接続されたファイルサーバーを介し, EPESドメインで共有化されています。



Cygwinターミナルの使い方

Unix (Linux)のコマンドライン操作をWindows OS上で行うために、Cygwinターミナルを用います。後に述べるパスワード変更手続きや、fortranコンパイラの使用に必要です。

基本的なLinuxコマンド: pwd(カレントデイレクトリの表示), cd(デイレクトリの移動), ls(デイレクトリ内のファイル表示)など。 コマンドの詳細はwebで調べる事。



ユーザーによるパスワードの変更

Linuxサーバー + Windowsクライアントという複雑な構成のため、パスワード変更手続きはやや複雑です。同じ変更手続きを4回行う必要があります。



各端末にインストール済みのソフトウェア

追加インストールの希望があれば、管理者全員にメールでご連絡ください。



Fortranプログラミングの環境設定

  1. Programmer’s notepadで日本語を使用する方法
    ウインドウ上のToolsタブ → Option

    ウインドウ上のFileタブ → Encording を UTF-8に変更

  2. fortranコードのコンパイルと実行
    Cygwinターミナルで以下のようにする。
    > gfortran mycode.f90 -o myprogram (←mycode.f90 をコンパイルし、実行ファイル myprogramを生成)
    > ./myprogram (←myprogramを実行)